\脳科学エビデンスを取り入れた/ 子どもの脳力をはぐくむ家 未来家ミライエ

>

わが子には
幸せな人生を過ごしてほしい。
そう、思いませんか?

すこやかに 育ってほしい
夢を実現してほしい
裕福な暮らしを
学力を身につけてほしい

ご存じですか?
子どもの脳力開発には“間取り”
が大きく関与します

宝塚市にある、ABC建築工房は20年で280軒以上の注文住宅に携わってきました。
お引渡し後のアフターメンテナンスなどサポートでの交流の中でデザインのよさ、暮らしやすさも大事ですが未来ある子どもにとって“間取り”が成長に大きく関与するという気づきを得ました。
幼少期は学校と同じ時間を家で過ごします。
学校選びや塾、習い事だけでなく、毎日生活する家の環境が大きく子育てに関与するのです。
そんな私たちの想いから誕生したのが子育て住宅「未来家」です。
「子どもの脳力をはぐくむ家」をコンセプトに、最新脳科学に基づいた間取り設計で、お子さまの成長を応援します。
住みやすさやデザイン性に加えて、より輝かしいお子様の未来のために。注文住宅だからこそ叶う、家づくりです。

HOW TO
脳力UP?

間取りと子どもの脳力に関係性があるって、どういう事?
と疑問をお持ちの方も多いでしょう。
家の中で過ごす時間が多い幼少期のお子さまをお持ちの方は必見。家の随所に工夫を凝らせば、脳力をアップさせることができると最新脳科学では明らかにされています。
そんな要素を取り入れた、「未来家(ミライエ)」の秘訣をすこしご紹介します。

脳科学に基づいた間取りをもっとみる

学力・将来の所得は
幼児期の家庭環境で決まる

1日の半分以上の時間を家で過ごす、幼児期の子どもにとってどんな家庭環境で育ったかが、将来の「学力」「教育年数」「所得」に大きく影響することが明らかにされています。

私たちには、IQや学力テストで計測される「認知能力」と、
やる気や粘り強さ、協調性などといった人格的なスキルである「非認知能力」とがあります。
アメリカの研究によると、小学生の頃に学習塾で習得する「認知能力」よりも、就学前教育(幼児教育)で習得する「非認知能力」のほうが、学歴や年収など、子どもの将来の社会的成功に影響を与えるスキルであることがわかっています。「非認知能力」は、人間が生まれてから思春期を迎えるまでの間に著しく発達します。

つまり幼児期の子どもにとって、住環境のよさが重要になると言えるのです。
子どもの成長を促す間取りのノウハウをつめこんだ注文住宅こそが脳力UPの近道となるのです。

脳科学に基づいた間取りをもっとみる